スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お葬式

先週(今週?)の日曜日、従兄弟のおじいちゃん(自分とは血縁でない方)のお葬式のために鳥取から実家に帰ってきました。
(自分の記憶の中では)一回もお会いしたことない人やけど、

・そのおじいちゃんがうちの実家のすぐ近くに住んでいたこと
・従兄弟の両親が海外出張中でうちの母親が従兄と共に手続きをしなければいけなかったこと

ということで色々お手伝いしに帰ってきました。


連絡がつかなかった従兄の両親とも無事連絡がつき、
今日お通夜を済ませてきたしだいです。


葬儀は家族葬で身内だけで行います。

って言ってたにもかかわらず、
自治会の人らがいっぱいお焼香に来てくれて
人ん家のことながらとっても嬉しくなりました。

と同時に、やっぱりお葬式って故人を偲ぶための重要なセレモニーやなーと実感しました。
初七日、四十九日、一周忌…
ってダラダラと続く法事も、遺族が故人のことを考える日を持つためなんやろうし、
期間がどんどん開いていくのは、悲しみながらも前進していけるようにってことなんやろうなぁ。

旧家に嫁いだりすると、こうゆう行事が大変だったりするけど、
そのたびに大勢が集まって故人の話を聞くことで知らなかった一面を知れたり、
故人のことについて話すことで、みんなと共有することで、悲しみを和らげて行くんやろうなーと思いました。

香典なんかもお葬式の負担をみんなで分かち合うためやろうし、香典のお返しは故人がどんな人と親交あったかってことに想いを馳せたりする良い機会やったんでしょう。

そんなこと考えてたら、ちゃんと一つ一つに意味があるんやな-と思いました。
悲しいのは社会が全体的に忙しくなってきて、そんなことしてる余裕もなくって、ちゃちゃっとやって終わり。ってなってきてるよねー。
法事もやるもんやから淡々とこなすって雰囲気(のように見える)。

自分の身内が亡くなった時に、ひたる時間も、想いを馳せる時間も、悲しみにくれる時間も、そこから立ち直る時間も持てないってのはなんか淋しいなー。

なんでもかんでも昔がいいってわけじゃないけど、こうゆうとこはしっかり時間とれるような、向き合えるような、そんな感じがいいなー。いいないいなー。

さて、自分の両親の時はそんなことしてあげられるのかな?
してあげたいなー。
そんな色々考えさせてもらう良い機会を得たお葬式でした。

きっとおじーちゃんもこんなチャンスを与えてくれたんだよねw
あと1日連絡が遅かったら別の用事で福岡行っちゃってたから、やっぱり巡り合わせとしか思えやんなー。
色々いい経験になりました。ありがとうございました。

と心の中で呟きながら明日は出棺を見届けたいと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たく@日本一周

Author:たく@日本一周
新しいブログを開設しました。
http://ameblo.jp/taku1907/

大学4年の夏。
ちょっとばかし休学して日本一周中♪
初めての方は「自己紹介」と
イベントから「イベント紹介」をご覧ください★
ちなみに写真は、
メキシコ、ラパスのタコス屋さんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
いまココ
FC2カウンター
検索フォーム
ツイッター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。